ダイエットにフルーツは糖分が多いからNG?牛乳は?生野菜は体を冷やす?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

痩せる為の食事を間違っている人は多い

痩せる為の食事を間違っている人は多い

ダイエットを行う際に誰しもが気にする食事ですが、「カロリー控えめにしているのに痩せない」、「○○を食べていないのに痩せない」、「ダイエットに効果的な○○を中心に食べているのに痩せない」と言う人はかなり多いと思います。

当サイトでは「酵素」の観点から、大いに食べるべき食べ物、ほどほどにしておくべき食べ物、控えめにしておくべき食べ物をご紹介します。ダイエットが上手くいっていない人は、ぜひ参考にして下さい。

 

ダイエットにフルーツは糖分が多いからNG?

A.フルーツはほどほどに食べましょう

フルーツは「ビタミンや酵素、食物繊維もあるのでダイエットに最適」と言う人と、「糖分が多いのでダイエットにはNG」と言う人がいますが、酵素と言う観点からは摂取したい食べ物です。フルーツに含まれている糖分は「果糖」や「ブドウ糖」です。太りやすくなる白砂糖のショ糖とは性質が違い、ビタミンもたっぷり含まれており、カロリーも低めなので食べるべきです。

しかし、ジャーナルPNASに報告された近年の南カリフォルニア大学研究チームの研究によると、果物に含まれる果糖は、高カロリー食品の欲求を増加させる事が判明しているので、食べ過ぎには注意が必要です。

糖分と言う観点からは、厚生労働省では1日に必要なエネルギーの内の5~6.5割を炭水化物(糖質)から摂取する事が望ましいとしています。英国栄養士会は、生のフルーツジュースは多くの糖分を含むため、1日あたり150mlで十分だとしています。WHO(世界保健機構)は2015年に糖分の1日の摂取目安をティースプーン6杯(25g程度)が望ましいとしています。

 

牛乳はダイエット中に飲んで良いか?

A.ダイエット中の牛乳は極力控えましょう

牛乳もダイエットをする人にとっては両論あるので、飲むか飲まないかを迷ってしまいます。

カロリーの観点から見るとコンビニやスーパー等で良く見かける牛乳は、無脂肪・低脂肪などは100ml当たり40kcal~50kcal、通常の牛乳は65kcal~70kcalとなっています。コップ1杯200mlだと無脂肪・低脂肪で80kcal~100kcal、通常の牛乳で130kcal~210kcalもカロリーを摂取してしまうので、ダイエット中には飲むのは程々にしておいた方が良いでしょう。

また、牛乳の当分は100mlあたり5g含まれていると言われているので、コップ1杯で10gの摂取となり、1日に必要な糖分の3分の1程度を、これだけで摂取してしまいます。

牛乳には、タンパク質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラルが含まれており、タンパク質には8種類の必須アミノ酸が含まれていますが、これらは食事をバランス良く食べれば良いだけなので、ダイエット中は牛乳は控え目にして、食事バランスを良くしましょう。

カルシウムは体内で最も豊富に存在するミネラルで、強い骨と歯を作る為に必要不可欠であり、筋収縮、神経機能など、身体の動きに影響を与えるホルモンや酵素の為にも必要です。乳製品がカルシウムの大きな供給源になっているのは確かですが、唯一の供給源ではありません。魚介類、野菜、海藻類、大豆製品からも摂取できます。また、ビタミンDは血中カルシウム濃度を高める効果があるので、それも積極的に摂取すれば良いでしょう。

乳糖不耐症の方は牛乳中の糖質(=乳糖)を消化する酵素が少ないため、牛乳を飲むと下痢をします。日本人の乳糖不耐症の割合は8割前後ですので、そもそも日本人に向いている飲み物ではありません。牛乳にも酵素は含まれていますが、加熱殺菌するので失活しています。通常の食事に加えて、カロリー、糖分、脂質が上乗せされ、下痢を起こせば腸内環境も悪化しダイエットには良い事がありません。

 

生野菜は体を冷やすから代謝が悪くなりダイエットに不向き?

A.生野菜不足で酵素不足になり代謝が悪くなる、その為に冷え性になる人が多い

冷え性の人にとって原因の1つとして挙げられる事がある生野菜ですが、実は生野菜を食べないからこそ、冷え性を悪化させている可能性があります。それは生野菜には食物繊維やビタミンがタップリ含まれているためです。

現代人は腸内環境が悪化して酵素不足になっている人が多く、それが原因で代謝が悪化し、冷え性になっている人がいます。ですので、生野菜を積極的に食べて腸内環境を改善する事に伴って酵素不足も解消され、代謝が良くなり、冷え性の改善にも役に立ちます。

加熱調理はビタミン等の栄養素が流出してしまうので、生野菜を積極的に食べて欲しいです。しかし温野菜なども食物繊維を沢山摂取できる上に、過剰なカロリー摂取を抑制できるので、ダイエットには良いと思います。

 

ダイエットにはささ身などでタンパク質を摂取するのが有効?

A.動物性タンパク質の摂取は酵素不足を招く

ダイエットでは炭水化物や脂質の摂取を控えて、タンパク質を多めに摂取すると良いと言う人も多いですが、動物性タンパク質は消化に時間が掛かり、大量に消化酵素を必要とするので、酵素不足を招く原因になります。ささ身に限らず、肉類、魚類などはダイエット中は程々にしておくべきだと思います。

最新の研究では、ミズーリ大学の研究によると、朝食でタンパク質を少なくとも35グラム摂取する子供と、通常レベルのタンパク質レベルを摂取する子供で比較した場合、前者は太り過ぎを予防する事が出来ると言う結果が出ています。

高タンパク質量摂取、通常のタンパク質量摂取、朝食抜きの3グループに分け比較した所、研究チームは「通常のタンパク質量の朝食を食べたり、朝食を抜かし続けたグループは体脂肪を増やし、高タンパク質の朝食を食べ続けたグループは、毎日の食物摂取量を減少させ、体脂肪量を減らし、他のグループよりも安定したグルコースレベルを有していた」と述べた。

また、シドニー大学の研究において、タンパク質と炭水化物摂取量のバランスを取ると、カロリー制限を行った時と同等のダイエット効果がある事が分かった。研究では食事制限されたグループと、食事制限は無いグループでタンパク質と炭水化物の比率で2グループ、計3グループに分け、8週間のダイエットを比較した。

その内、常に食事を摂取していたにも関わらず、低タンパク質、高炭水化物のグループは、インスリン、血糖値、コレステロール値がカロリー制限を行ったグループと同様の効果が出た。更に高炭水化物のグループの代謝はカロリー制限を行ったグループより高かった事が判明。

英国イースト・アングリア大学ノリッジ医学部の研究によると、高タンパク食はタンパク質の素材であるアミノ酸が豊富な食品を食べる事は、喫煙を止めるのと同じくらい、心臓に良い影響があると分かった。更に、どの食品から摂取したかも重要な関わりを示し、肉や魚など動物から摂取するより、植物から摂取した方が効果が高い事も分かった。

これらを統合すると、朝、櫃、晩と食事を食べ、尚且つ植物性タンパク質を摂取すると良いと言う事は分かります。高タンパクが良いか、低タンパクが良いかの結論は出せませんが、動物性タンパク質ではなく、植物性タンパク質が良いだろうと言う事は最新の研究からも分かります。

 

関連記事

カテゴリー

人気の記事

  1. 「麹菌・麹酵素サプリメント」おすすめランキング
  2. 腸内細菌が作り出す腸内酵素がダイエットに効果的!分解・消化を助ける
  3. 正しいプチ断食のやり方「ファスティング」方法まとめ!痩せる効果抜群
  4. 痩せやすい酵素ってどれだろう?
  5. 酵素ダイエットの正しいやり方(知識編、認識編)

おすすめ記事

  1. 「食物繊維」が多い食材一覧!腸内環境改善、善玉菌を増やす「育菌」におすすめ!
    食物繊維は重要な栄養素 一昔前まで食物繊維は食べ物のカスとして認識されていましたが、現代では糖…
  2. コンビニやスーパーで買える「乳酸菌」を多く含んだ食品
    コンビニやスーパーで買える「乳酸菌」を多く含んだ食品 ダイエット、便秘解消、体質改善などの為に…
  3. 人間の体の免疫細胞の内、腸には6~7割が集中している
    人間の体の免疫細胞の内、腸には6~7割が集中している 免疫細胞は外部から取り入れた物が体にとっ…
  4. 炭水化物抜きダイエットや糖質制限の危険性(リスク)とは?
    炭水化物抜きダイエットや糖質制限の危険性(リスク)とは? 簡単に痩せられると炭水化物抜きダイエ…
  5. 「こうじ酵素」麹菌で痩せない原因・理由はここにある!
    麹菌はダイエットに有用 ダイエット目的や健康維持に善玉菌が良いと知り、そこから麹菌にたどり着い…
  6. 「酵素ダイエット比較」食べ物?ドリンク?サプリ?どれが1番良いのかを紹介
    「酵素ダイエット比較」食べ物?ドリンク?サプリ?どれが1番良いのか?まとめ 簡単に自宅で行える…
  7. 酵素ダイエットを成功させる秘訣は「食物繊維」にアリ!失敗した人は必見
    酵素ダイエットを成功させる秘訣は「食物繊維」にアリ!失敗した人は必見 酵素ダイエットの正しい方…
  8. 酵素ドリンクやサプリは効果なし!?痩せない?ダイエット前に知っておくべき真実
    酵素ドリンクやサプリは効果なし!?嘘?痩せない?ダイエット前に知っておくべき真実 酵素ダイエッ…
  9. 酵素不足=太りやすい体質になっていないかチェック!体内酵素足りている?
    酵素不足=太りやすい体質になっていないかチェック!体内酵素足りている? 健康を保つ為に欠かせな…
  10. 太りやすい人と太りにくい人、痩せやすい人と痩せにくい人の体質の差って何?
    太りやすい人と太りにくい人、痩せやすい人と痩せにくい人の体質の差って何? 両親が太っている、ま…

最近の投稿

ページ上部へ戻る