消化不良は代謝不良の原因になり肥満や腸内環境悪化の原因にも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

消化不良は代謝不良の原因になり肥満や腸内環境悪化の原因にも

消化不良は代謝不良の原因になり肥満や腸内環境悪化の原因にも

戦前までは肥満に悩む日本人は少なかったですが、戦後から肥満に悩む人は増えています。この原因は、戦後の食育において炭水化物、脂質、タンパク質の「3大栄養素」を沢山食べる事が推奨された事と、食の欧米化や加工食品の大量摂取によるものです。

これによって炭水化物は雑穀などから白米や小麦になり、タンパク質は動物性の物が多くなり、質の悪い脂質や精製された糖分を多量に摂取する様になりました。これによって、現代人は太りやすく痩せにくい体質の人が多くなっています。

近年は健康ブームもあって、食生活に気を付けている人も多いですが、それでも現代人は消化酵素を無駄使いし消化不良を起こしている人が多いので、肥満、太りやすい体質、便秘などの人は気を付けましょう。

 

消化不良を起こす現代人の生活環境

1.食べ過ぎ

お腹一杯まで食べる癖が付いている人が多く、現代人は食べ過ぎの人が多いです。食べ過ぎると消化能力を上回って消化不良を起こしてしまいます。腸内環境が悪化する事によって、沢山の酵素を生み出す腸内細菌バランスが崩れ太りやすくなる。

昼ご飯は肉類のおかずに、白ご飯タップリ、夜は飲み会でから揚げをつまみにビール、締めのラーメンなど食べていたら、明らかに食べ過ぎで栄養バランスも悪いので腸内環境が悪化し、結果的に酵素不足になります。

2.食生活の乱れ

炭水化物、脂質、タンパク質など、何かの栄養素に偏った食事をするのも代謝が落ち太りやすくなります。「○○抜きダイエット」とか、「○○制限ダイエット」とかはおすすめしません。また、食事の時間が不規則だったり、早食いなども、酵素不足や消化不良を起こすので止めましょう。

ダイエットにはタンパク質が良いと言う人もいますが、動物性タンパク質は特に消化に時間が掛かります。肉や魚を沢山食べている場合、消化しきれなかった残留物質は腸内で腐敗し、悪玉菌優勢となり腸内細菌バランスを崩します。そうなると便秘や代謝の悪化、肥満の原因となります。

3.自炊

現代社会は大勢で暮らしていた昔の人と違い、1世帯の人数が減っている事や、1人暮らしが増えている事で自炊をしなかったり、自炊をしたとしても栄養バランスの取れない食事をしている人は多いと思います。また、家庭でも便利な加工食品や総菜などを利用している人も同様で腸内環境が悪化しやすいです。野菜の無い生活はもちろんですが、加熱調理や調理(カット)して時間が経っている野菜は、食物繊維はありますが、ビタミンなどの栄養は落ちているので、なるべく野菜は食べる直前にカットすべきです。

 

消化不良になると腸内環境が悪化し代謝不良、肥満の原因に

消化不良になると消化しきれなかった残留物が腸に溜まって便秘になってしまいます。残留物は腐敗し、悪玉菌優勢にするので、更に腸内を悪化させると共に、便が出ない便秘だけではなく、古い細胞を新しい細胞にする代謝もスムーズに行えなくなり「細胞便秘」になります。全身の代謝が落ちてしまうので、運動や食生活を変えても中々痩せにくい体質になってしまうので注意が必要です。

 

消化不良を防ぎ痩せやすい体質にする方法

1.腹八分目

「腹八分目に医者いらず」「腹八分に病なし」「節制は最良の薬」「小食は長生きのしるし」などと言うことわざが日本には古くからあります。何がどう作用しているか分からない昔の人でも食べ過ぎは病気の原因になると分かっていたのでしょう。

英語でもFeed by measure and defy the physician(適度に食べて医者を無視せよ)、Much meat, much disease(食べ物が多ければ病気も多い)と言うことわざがあるので、この認識は全世界共通と思って良いでしょう。

腹八分の食事に改善する事で、消化器官への負担はかなり減り消化や代謝、排出がスムーズになります。それによって太りにくく痩せやすい体質に変わっていきます。

2.摂取する栄養素のバランス

炭水化物を抜くなど極端な食事は止めて、炭水化物、脂質、タンパク質はバランスよく摂取するが、やや量を抑え目にして、食物繊維とビタミンがタップリ摂取できる食事にしましょう。これらを満たす食品は生野菜、フルーツ、発酵食品です。火を通した野菜は食物繊維を摂取するのには良いですが、ビタミンなどは流出してしまうので、生野菜も食べる様にしましょう。

3.食事の仕方

食べて直ぐ寝るのは消化不良になりやすいですが、食べてなく空腹のまま寝るのも間違いです。空腹のまま寝ると代謝は悪化するので、太りやすくなります。寝る時間までに、あまり時間が無い場合は、沢山食べるのはいけませんが、少量は食べておきましょう。

また不規則な食事をしていると消化酵素が出にくくなるので、決まった時間に食べる様にしましょう。決まった時間に食べる癖が付けば、体が自然と覚えて、その前くらいから消化酵素を出し始めるので消化や代謝がスムーズになります。

食事の回数も、増やせば良い、減らせば良いと単純に考えず、1日に必要なカロリーから考える事が必要なのと、3食分を2食で摂取するなどを止めると良いでしょう。以下の記事を参考にして下さい。

日本人の男女、年齢、世代別の基礎代謝量の変化(推移表データ)

4.酵素商品の選び方

酵素を摂取しようと、酵素ドリンクや酵素サプリを飲んでいる人は間違いです。特に酵素ドリンクは、酵素を摂取すると言うより栄養を摂取する為の清涼飲料水です。ファスティングなど断食の際に必要な栄養分を摂取するのには向いていますが、酵素を摂取すると言う面においては向いていません。

腸内環境の改善によって善玉菌優勢になり、善玉菌が人間にとって有益な多くの酵素を生み出します。酵素を食事や健康食品から摂取は出来ないので、間違った情報によって勘違いしている人は、腸内環境を改善し酵素を増やすと言う考えに改めましょう。

食事だけで賄えない人は、食物繊維系サプリ、善玉菌系サプリがおすすめです。

私が実践して良かったのは、食物繊維系サプリと同時に、熱処理に強く、発酵途中で休眠させた菌が体内で発酵し酵素を生み出すタイプ、人間に役立つ酵素を多く含み、活性pH(水素イオン指数) が広い麹菌サプリでした。麹菌は腸内環境の改善と共に、自身も酵素を生み出す善玉菌なのでおすすめです。単に麹菌と言っても、製品によって良し悪しはあるので、そこも吟味して選ぶ様にしましょう。

 

関連記事

カテゴリー

人気の記事

  1. 「麹菌・麹酵素サプリメント」おすすめランキング
  2. 腸内細菌が作り出す腸内酵素がダイエットに効果的!分解・消化を助ける
  3. 正しいプチ断食のやり方「ファスティング」方法まとめ!痩せる効果抜群
  4. 痩せやすい酵素ってどれだろう?
  5. 酵素ダイエットの正しいやり方(知識編、認識編)

おすすめ記事

  1. 「食物繊維」が多い食材一覧!腸内環境改善、善玉菌を増やす「育菌」におすすめ!
    食物繊維は重要な栄養素 一昔前まで食物繊維は食べ物のカスとして認識されていましたが、現代では糖…
  2. コンビニやスーパーで買える「乳酸菌」を多く含んだ食品
    コンビニやスーパーで買える「乳酸菌」を多く含んだ食品 ダイエット、便秘解消、体質改善などの為に…
  3. 人間の体の免疫細胞の内、腸には6~7割が集中している
    人間の体の免疫細胞の内、腸には6~7割が集中している 免疫細胞は外部から取り入れた物が体にとっ…
  4. 炭水化物抜きダイエットや糖質制限の危険性(リスク)とは?
    炭水化物抜きダイエットや糖質制限の危険性(リスク)とは? 簡単に痩せられると炭水化物抜きダイエ…
  5. 「こうじ酵素」麹菌で痩せない原因・理由はここにある!
    麹菌はダイエットに有用 ダイエット目的や健康維持に善玉菌が良いと知り、そこから麹菌にたどり着い…
  6. 「酵素ダイエット比較」食べ物?ドリンク?サプリ?どれが1番良いのかを紹介
    「酵素ダイエット比較」食べ物?ドリンク?サプリ?どれが1番良いのか?まとめ 簡単に自宅で行える…
  7. 酵素ダイエットを成功させる秘訣は「食物繊維」にアリ!失敗した人は必見
    酵素ダイエットを成功させる秘訣は「食物繊維」にアリ!失敗した人は必見 酵素ダイエットの正しい方…
  8. 酵素ドリンクやサプリは効果なし!?痩せない?ダイエット前に知っておくべき真実
    酵素ドリンクやサプリは効果なし!?嘘?痩せない?ダイエット前に知っておくべき真実 酵素ダイエッ…
  9. 酵素不足=太りやすい体質になっていないかチェック!体内酵素足りている?
    酵素不足=太りやすい体質になっていないかチェック!体内酵素足りている? 健康を保つ為に欠かせな…
  10. 太りやすい人と太りにくい人、痩せやすい人と痩せにくい人の体質の差って何?
    太りやすい人と太りにくい人、痩せやすい人と痩せにくい人の体質の差って何? 両親が太っている、ま…

最近の投稿

ページ上部へ戻る