意外と知られていない「NGダイエット」結局は腸次第!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

意外と知られていない「NGダイエット」結局は腸次第!?

意外と知られていない「NGダイエット」結局は腸次第!?

春の陽気に誘われて色々なところにお出掛けしたくなりますが、気分も高揚しているところで、ついでに健康維持も兼ねてダイエットにも力を入れませんか?

ところでそのダイエットを始める前に、太りやすい原因となる腸内細菌が存在することがある研究によりわかったというので、まずはそちら見ていくことにしましょう。

 

デブ菌&ヤセ菌とは?太るか痩せるかは腸次第

今から約10年前、世界的に有名な科学情報誌『ネイチャー』に、“デブ菌”と“ヤセ菌”についての研究発表が掲載されました。この菌は人の腸内に存在するもので、肥満の人はヤセ菌よりデブ菌の方が多く、これが体重増加の原因となっているというのです。

そもそも人の身体には100兆個の腸内細菌がいるとされ、バクテロイデーテス類とファーミキューテス類の大きく2つに分けることができ、なんとこれだけで約9割を占めるようです。

アメリカワシントン大学の微生物専門家らは、肥満の人はファーミキューテス類が多く食べ物の消化吸収率が高い特徴があるとしています。さらに、もしこの人たちがダイエットを行って減量できた場合、両方の菌の割合に変化があることを明らかにしました。

日本で腸内細菌のスペシャリストと言われる理化学研究所の辨野先生が、ファーミキューテス群を“デブ菌”、バクテロイデーテス群を“ヤセ菌”と呼んだことをきっかけにこの言葉が知られるようになったのですが、あるテレビ番組に出演した際にも「太っている人はデブ菌が多く、痩せている人はヤセ菌が多い」とコメントしています。その割合は、デブ菌:痩せ菌=4:6なのだそうです。

 

◇デブ菌は減らすことができるの?

10人中4人もデブ菌をもっていると考えるとけっこうな割合ですよね!?

ちなみにこのデブ菌は人から移されることはないのでご安心を!ただし、親子の血縁関係がある場合は菌を受け継ぐ可能性もあるようです。

ここでもしあなたが生まれつきデブ菌を保有していたとしたら...!?やはり太りやすい体質であると言えます。しかし、腸内環境を改善できる食生活次第でデブ菌を減らしてヤセ菌を増やすことができるのです。ホッとされた方も多いのではないでしょうか?

辨野先生一押しの腸内環境の改善に役立つ食品はというと、「納豆」なのだそうです。注目すべきが納豆菌の働きで、生きたまま腸に届きくことで腸内が活性化されます。また、大豆に含まれている食物繊維も豊富で、便秘解消や肌荒れ防止にも役立ちます。先生は、他にも野菜やヨーグルトを取り入れ、乳酸菌効果などで10㎏以上の減量に成功しています。

やはり腸内環境を整え健康にすることが、体重コントロールにつながり、ダイエットに良いというのがよくわかります。

 

意外と知られていないダイエットの落とし穴

皆さんが体重を気にしてカロリーの摂り過ぎに気を付けたり、大好きなスイーツを控えたりと糖質制限を行うことがあると思いますが、頑張っている割にはなかなかその効果が感じられないなんてことはありませんか?ここからは、ダイエットを行ううえで意外と知られていない落とし穴をご紹介していきます。

 

■ダイエット中は塩分が多くなりがち?

カロリー制限や糖質制限を行う場合、ヘルシーだから良いだろうと皆さんがよく口にするのが、野菜やわかめなどのスープ系やノンオイルタイプのドレッシングを使ったサラダなどではないでしょうか?

「ビタミン」や「ミネラル」など栄養的に見ても問題なさそうだし、野菜をたくさん摂取できてダイエットにもピッタリなはずですよね!?

何も問題なさそうなのですが、実はある落とし穴が隠れています。それは“塩分”です。スープやノンオイルドレッシングには意外に塩分が多く使われているのです。

とくに温かい料理だと塩分を感じにくく、その分多く使いがちです。冬に食べることが多い鍋になると、1日の女性の塩分摂取推奨量は7g以下(2015年厚生労働省発表)とされているにもかかわらず、鍋には少なくても4g~5g、多い場合は10g以上含まれており、1食で完全にこれを上回ってしまうこともあるのです。

 

◇塩分の摂り過ぎに注意する理由は?

塩分を摂り過ぎてしまうと、身体にどのような影響を及ぼすのでしょうか?まずよく言われるのが、むくみを引き起こすことです。塩分の摂取によって血中のナトリウム濃度が上がり、それを回避するために体内に水分をため込むのが原因です。

代謝が正常な場合は、その水分は尿や汗として体外に排出されるのですが、塩分過剰になることでむくみが慢性化し、代謝が下がって血液やリンパの流れを悪くするだけでなく、脂肪を溜め込んで太りやすい体質になってしまうのです。これでは、どんなにカロリー制限や糖質制限を行っても無意味といえます。

これだけならまだしも、高血圧や骨粗しょう症、胃癌など深刻な病気にも発展する可能性がありますから、塩分の摂り過ぎには十分に注意が必要です。

 

◇塩分を控えるために

塩分を控えるのに役立つ食材はコチラです。

・ネギ、ニンニク、生姜などの薬味や胡椒などのスパイス

料理の味を引き立てるだけでなく、身体を温める働きで代謝もアップして痩せやすい体質作りにも役立ちます。

・酢、レモン、カボス、柚子など

酸っぱさをプラスして塩味をカバーできます。

・バナナ、リンゴ、ほうれん草、アボカド、海草類、さつま芋、アーモンド、レーズンなど

カリウムが豊富でナトリウムの排泄を促します。

小腹が空いた時など、スナック菓子の代わりにナッツ類やレーズンを食べるようにするとダイエットにも良いですし、塩分を控えることにもつながります。

 

■栄養満点でダイエットにも良いはずのバナナにも落とし穴が!?

食物繊維など栄養が豊富でダイエットや美容にピッタリのバナナ、手軽に手に入れられますし常備しているというご家庭も多いことでしょう。このバナナも、ダイエット中に間違った食べ方をすると、大切な栄養が吸収されず、その効果を台無しにしてしまうようです。

海外の美容サイトを参考にしながら、バナナの意外な落とし穴とおすすめの食べ方をご紹介します。

 

◇バナナだけを食べるのは間違い

スポーツをする人はバナナを食べてエネルギー補給に活かしていると思いますが、他にも食物繊維、たんぱく質、カリウム、マグネシウムなどが豊富に含まれ、便秘改善などによる美容効果だけでなく、健康にも良い働きがあり風邪予防にも役立つとされています。朝食代わりに食べる人もたくさんいらっしゃるでしょう。

ここで見落とされがちなのが、バナナには25%の糖分が含まれていることです。100g中オレンジやグレープフルーツは9g、イチゴは7.1gに対してバナナは21gと比較してもかなり多く含まれていることがわかります。

糖分を摂取すると血糖値が急上昇しその後また急降下します。その時に空腹を感じ食べ過ぎを招いてしまったり、脳機能の低下などが起こります。

さらに、糖分の摂り過ぎが原因で他の必要とされる栄養素も一緒に体外に排出されてしまうのです。

 

◇相性の良い食品と組み合わせて食べる

バナナと一緒に食べることで血糖値の上昇を緩やかにし、食べ過ぎを防ぐことにつながる食品があります。

医師おすすめが、塩分を抑えるのにも有効なシナモンやターメリックなどのスパイスです。その他にもハーブなどの香草やアーモンド、ココナッツなどもそうです。

スムージーにして飲むと取り入れやすいでしょう。ビタミンが少量しか含まれていないバナナに、ラズベリーやブルーベリーなどのベリー系をプラスすると言う事なしです。これで、バナナに含まれる栄養素もきちんと吸収され、ダイエット効果が一段とアップすることが期待できます。

 

以上のように、ダイエットに良いとされる食品にも意外な落とし穴があるものです。食べ合わせやちょっとした工夫をすることでその効果が十分に得られますから参考にしてくださいね。

関連記事

カテゴリー

人気の記事

  1. 「麹菌・麹酵素サプリメント」おすすめランキング
  2. 腸内細菌が作り出す腸内酵素がダイエットに効果的!分解・消化を助ける
  3. 正しいプチ断食のやり方「ファスティング」方法まとめ!痩せる効果抜群
  4. 痩せやすい酵素ってどれだろう?
  5. 酵素ダイエットの正しいやり方(知識編、認識編)

おすすめ記事

  1. 「食物繊維」が多い食材一覧!腸内環境改善、善玉菌を増やす「育菌」におすすめ!
    食物繊維は重要な栄養素 一昔前まで食物繊維は食べ物のカスとして認識されていましたが、現代では糖…
  2. コンビニやスーパーで買える「乳酸菌」を多く含んだ食品
    コンビニやスーパーで買える「乳酸菌」を多く含んだ食品 ダイエット、便秘解消、体質改善などの為に…
  3. 人間の体の免疫細胞の内、腸には6~7割が集中している
    人間の体の免疫細胞の内、腸には6~7割が集中している 免疫細胞は外部から取り入れた物が体にとっ…
  4. 炭水化物抜きダイエットや糖質制限の危険性(リスク)とは?
    炭水化物抜きダイエットや糖質制限の危険性(リスク)とは? 簡単に痩せられると炭水化物抜きダイエ…
  5. 「こうじ酵素」麹菌で痩せない原因・理由はここにある!
    麹菌はダイエットに有用 ダイエット目的や健康維持に善玉菌が良いと知り、そこから麹菌にたどり着い…
  6. 「酵素ダイエット比較」食べ物?ドリンク?サプリ?どれが1番良いのかを紹介
    「酵素ダイエット比較」食べ物?ドリンク?サプリ?どれが1番良いのか?まとめ 簡単に自宅で行える…
  7. 酵素ダイエットを成功させる秘訣は「食物繊維」にアリ!失敗した人は必見
    酵素ダイエットを成功させる秘訣は「食物繊維」にアリ!失敗した人は必見 酵素ダイエットの正しい方…
  8. 酵素ドリンクやサプリは効果なし!?痩せない?ダイエット前に知っておくべき真実
    酵素ドリンクやサプリは効果なし!?嘘?痩せない?ダイエット前に知っておくべき真実 酵素ダイエッ…
  9. 酵素不足=太りやすい体質になっていないかチェック!体内酵素足りている?
    酵素不足=太りやすい体質になっていないかチェック!体内酵素足りている? 健康を保つ為に欠かせな…
  10. 太りやすい人と太りにくい人、痩せやすい人と痩せにくい人の体質の差って何?
    太りやすい人と太りにくい人、痩せやすい人と痩せにくい人の体質の差って何? 両親が太っている、ま…

最近の投稿

ページ上部へ戻る