肥満の原因は幼少期にあり!?「大人になっても肥満のまま」を避けるには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

肥満の原因は幼少期にあり!?「大人になっても肥満のまま」を避けるには?

肥満の原因は幼少期にあり!?「大人になっても肥満のまま」を避けるには?

ポッチャリしたお子さんをたまに見かけますが、可愛いですよね?ついついほっぺに触れたりハグしたくなるのは筆者だけではないと思います。でも、申し訳ないけれど太った中年の人にはそんなことしたくありません。子どもは太っていても可愛いと感じるのに、大人になったらそうは思わない。

もし、自分の子が今ポッチャリしているのであれば、この現実を考えると今のうちになんとかダイエットさせて太りにくい体質にさせてあげたいと思いませんか?

実は、子どもの頃に肥満体型だと、大人になってもそのままということが多いようです。小児肥満の約7割が大人になっても肥満のままらしいのです。しかも、生活習慣病のリスクまで高まるとされているので、すぐに何とかしてあげたいものです。ポッチャリと言われているうちはまだ良いですが、デブと言われないように早めに肥満解消につとめましょう。

もちろん、これから大切な成長期を迎えますから、その妨げにならないような肥満解消をする必要があります。その解消法をみていきましょう!

 

【子どものメタボが増加している!?】

メタボといえば、お腹が出た中年の人をイメージしてしまいますが、実は最近では子どものメタボも増えている傾向にあり、私たち大人と同じように子供も中性脂肪やコレステロール、血圧、血糖値などに注意が必要です。

以下の中で1つ以上該当すればメタボと言えるので、当てはまった人は健康のためにも早めに対処する必要があります。

 

■メタボの診断基準子供(6~15歳)

①ウエスト周囲径が75cm以上(小学生)、80cm以上(中学生)

②ウエスト周囲径(cm)÷身長(cm)=0.5以上の場合

③空腹時血糖が100mg/dl以上の場合

④収縮期(最大)血圧125mmHg以上、拡張期(最小)血圧70mmHg以上

⑤中性脂肪が120mg/dl以上、HDLコレステロール40mg/dl以上

 

■子どもの肥満の原因は?

いったいどのようなことが原因で子どもの肥満は起こるのでしょうか?あなたのお子さんは大丈夫ですか?

・テレビやスマホゲームばかりであまり外で遊ばない

・夕食の時間が遅い

・揚げ物などの高カロリーなものばかり好んで食べる

・間食ばかりしている

いかがですか?外で遊ばない原因の1つには、塾通いで忙しいお子さんが増えたこともあるようです。現代ならではの問題ですよね!?

成長期だからと食べたいだけ食べさせたいという親御さんの気持ちもわかるのですが、これでは食べ過ぎて肥満になるだけでなく健康のためにも良くありません。子どもであっても摂取カロリーや運動量をしっかり考えてあげたいものです。

 

■健やかな成長のために行う子どものダイエット

最近では、“食育”という言葉もよく使われていますが、食事の楽しさを知り、心と身体の健康維持に役立てることです。

肥満の解消にもつながるこの食育を基本として、食生活の改善や運動を行うことの大切さを知っておくことが大事です。

ところで、日頃の食生活の中で、子どもの肥満の原因となるものにはどのようなものがあるのでしょうか?また、それを改善するためにはどうしたら良いのでしょうか?

・朝食を食べない・・・朝食はその日1日のエネルギーの元となります。朝食をぬくことでかえって食べ過ぎることもあるかもしれません。1日3回の食事を取るようにしましょう。

・一人で食事をすることが多い・・・なかなか今は家族と時間を合わせるのは難しいとは思いますが、家族とのコミュニケーションをできるだけ取るよう心掛けましょう。

・食べ過ぎることが多い・・・お皿に一人ずつ取り分けて食べたり、小さめのお皿で食べるなどの工夫をして食べ過ぎを防ぎましょう。

・好きなものだけを食べる・・・・栄養バランスのとれた食事を心掛け、品目を増やすようにしましょう。

・間食はスナック菓子やファーストフードばかり・・・出来合いのものばかりではなく、たまには手作りしてはいかがでしょうか。

・おやつの時間が決まっていない・・・いつでも食べられるような、すぐに手の届くところにお菓子を置かないようにしましょう。

・夕食の時間が遅い・・・就寝直前の食事は肥満のもとです。遅くとも夜の8時までには食べ終えるようにしましょう。

以上を参考に肥満の改善を行いましょう。他におすすめしたいのが、運動で身体を動かしてカロリーを消費することです。

運動は脂肪燃焼だけでなく、筋肉が付くことで基礎代謝がアップし痩せやすい体質作りに役立ちますし、ストレス発散や子どもの健やかな成長も促します。

色々なことに挑戦させてみて、興味があるものや楽しくて長く続けられそうなものを見つけてあげるようにしたいものです。外で思い切り遊ばせてあげるのはもちろん、ご家庭の中でもダイエットに有効なものがあります。家事の手伝いや自分の部屋の片付けを行うのも良い運動になります。塾で忙しければ、その移動を車ではなく自転車や徒歩に変えてみるのも良いでしょう。

 

■規則正しい生活習慣を付ける

子どもの頃からとくに気を付けたいのが、規則正しい生活習慣を付けることです。

例えば、朝ご飯を抜いて学校に行く子も多いようですが、“朝食を食べない子は学力の低下がみられる”といわれおり、実際に朝食を抜くことで午前中の頭の働きが悪くなったり、集中力が低下するなど学校生活の中でも問題になっているようです。その原因とされているのが、夜更かしして翌朝に起きられず食べる時間がないことや食欲がわかないことなども理由としてあるようです。

塾で帰りが遅くなったり大変ではありますが、できるだけ早寝早起きを心掛けて、心地よい朝の目覚めとしっかり朝食を取るようにしたいものです。

朝食を食べないとそのぶん昼食を食べ過ぎたり、肥満の原因にもなりますし、年頃になって本人が困らないように今のうちに家族でしっかりサポートして規則正しい生活をつけてあげるようにしましょう。

 

【メタボの原因となる夜食症候群】

これからご紹介していく夜食症候群は、夜遅くの食生活が続くことによって起こる病気で、メタボの原因の1つとされています。子どもだけでなく大人の皆さんも起こり得るものなので注意が必要です。

いつもダイエットという言葉が頭にありながらも、忙しい毎日に追われて仕事帰りに夜食ばかり食べていたり、間食がやめられないというあなたもそうです。

 

◇夜食ばかりは危険!

夜遅くの食事はカロリー消費が少なく、脂肪として蓄えられることが多いのをご存知でしょうか?

就寝前の2~3時間以内に食事をするという人を男女で比較してみると、女性より男性の方が多いとされています。この理由に、女性の多くがダイエットや美容、健康を意識しているからだと思われます。

遅い時間の食事は、食欲抑制物質であるレプチンの働きを弱め、血糖値を上昇させて食べ過ぎを招いてしまいます。これが夜食症候群の症状です。毎日が忙しいのは分かりますが、このような夜遅くの食生活はダイエットにも支障をきたして太りやすい体質になり、やがてメタボまで引き起こしてしまうのです。

よくあるのが夜食に晩酌をすることです。お酒を飲むとどうしても揚げ物や炭水化物、またおつまみなどが食べたくなります。このような習慣も夜食症候群へまっしぐらです。

できるだけ低カロリーなものを食べるように心掛けるなど、食生活にはしっかり気を付けるようにしたいものです。

 

◇ミーコで安心

どうしても仕事がら夜食を食べることが多いという方には、サプリにたよるという方法もあります。そこでおすすめしたいのが、ダイエットサプリ・ミーコです。

ミーコの酵素パワーで、夜遅くに脂っぽいものを食べても消化を助けて翌朝の胃もたれがなくスッキリ、脂肪燃焼効果で体重が増えるようなこともありません。かえって体重が減っていたなんてことも。

お酒を飲んだ時の二日酔いの予防にもなります。スティックタイプで飲みやすく、必要な時だけ飲めば良いのでコスパも良いと言えます。腸内環境も改善して便秘改善や、痩せやすい体質作りにも役立ちダイエットにピッタリです。子どもの体調管理をしっかりと大人である私たちが責任もって行いたいものです。そのためにも、私たち自身が日頃から規則正しい生活を送りたいものです。

関連記事

カテゴリー

人気の記事

  1. 「麹菌・麹酵素サプリメント」おすすめランキング
  2. 腸内細菌が作り出す腸内酵素がダイエットに効果的!分解・消化を助ける
  3. 正しいプチ断食のやり方「ファスティング」方法まとめ!痩せる効果抜群
  4. 痩せやすい酵素ってどれだろう?
  5. 酵素ダイエットの正しいやり方(知識編、認識編)

おすすめ記事

  1. 「食物繊維」が多い食材一覧!腸内環境改善、善玉菌を増やす「育菌」におすすめ!
    食物繊維は重要な栄養素 一昔前まで食物繊維は食べ物のカスとして認識されていましたが、現代では糖…
  2. コンビニやスーパーで買える「乳酸菌」を多く含んだ食品
    コンビニやスーパーで買える「乳酸菌」を多く含んだ食品 ダイエット、便秘解消、体質改善などの為に…
  3. 人間の体の免疫細胞の内、腸には6~7割が集中している
    人間の体の免疫細胞の内、腸には6~7割が集中している 免疫細胞は外部から取り入れた物が体にとっ…
  4. 炭水化物抜きダイエットや糖質制限の危険性(リスク)とは?
    炭水化物抜きダイエットや糖質制限の危険性(リスク)とは? 簡単に痩せられると炭水化物抜きダイエ…
  5. 「こうじ酵素」麹菌で痩せない原因・理由はここにある!
    麹菌はダイエットに有用 ダイエット目的や健康維持に善玉菌が良いと知り、そこから麹菌にたどり着い…
  6. 「酵素ダイエット比較」食べ物?ドリンク?サプリ?どれが1番良いのかを紹介
    「酵素ダイエット比較」食べ物?ドリンク?サプリ?どれが1番良いのか?まとめ 簡単に自宅で行える…
  7. 酵素ダイエットを成功させる秘訣は「食物繊維」にアリ!失敗した人は必見
    酵素ダイエットを成功させる秘訣は「食物繊維」にアリ!失敗した人は必見 酵素ダイエットの正しい方…
  8. 酵素ドリンクやサプリは効果なし!?痩せない?ダイエット前に知っておくべき真実
    酵素ドリンクやサプリは効果なし!?嘘?痩せない?ダイエット前に知っておくべき真実 酵素ダイエッ…
  9. 酵素不足=太りやすい体質になっていないかチェック!体内酵素足りている?
    酵素不足=太りやすい体質になっていないかチェック!体内酵素足りている? 健康を保つ為に欠かせな…
  10. 太りやすい人と太りにくい人、痩せやすい人と痩せにくい人の体質の差って何?
    太りやすい人と太りにくい人、痩せやすい人と痩せにくい人の体質の差って何? 両親が太っている、ま…

最近の投稿

ページ上部へ戻る