知らないと太ってしまう!?ドレッシングのカロリー【油を控える調理のコツも!】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

知らないと太ってしまう!?ドレッシングのカロリー【油を控える調理のコツも!】

知らないと太ってしまう!?ドレッシングのカロリー【油を控える調理のコツも!】

ダイエットにも良いし、ヘルシーな野菜が大好き!ここまでは良いのですが、その野菜を皆さんはどうやって食べていますか?大半の方が市販のドレッシングをかけて食べているのではないでしょうか?

最近ではますますドレッシングの種類も増え、またそれが美味しくて野菜だけでなく肉や魚にも合うとあって、ご家庭にいくつか常備して料理によって使い分けていらっしゃるご家庭もあることでしょう。

ところでこのドレッシングのカロリーをチェックされたことはありますか?その種類によってもカロリーに大きな差があることをお気付きでしたか?

例えば、比較的ヘルシーなイメージのある和風ドレッシングでも、大さじ約1杯15gで80kcal以上の差があるものもあります。普段の食事を考えると、大抵の場合は大さじ1杯以上使っているのはないでしょうか!?コレって結構なカロリーになりそうですよね!?ドレッシングの選び方によってはカロリーを控えることができ、ダイエットや美容、健康のためにもなるので気を付けたいものです。

そこでカロリーコントロールができるドレッシングの選び方をご紹介していきます。

 

【低カロリードレッシングの選び方】

・カロリーが低めのものを知っておく

ご想像の通り、やはり他のものと比べると和風ドレッシングはカロリーが低めですし、ノンオイルのものが多いです。

一方、高カロリーなのが、シーザードレッシングやゴマドレッシングなどクリーミーなものです。

あるドレッシングのカロリー一覧表によると、とくにカロリーカットしていないマヨネーズは15g当たり100kcalを超えており、高カロリーなドレッシングでも88kcalとされているので、突出してカロリーが高いことがわかります。ポテトサラダを作る際などにもマヨネーズをたっぷり使うと思うのですが、このようにドレッシングに比べてマヨネーズはたくさん使うことが多いので、カロリーカットされたものを使ったり、使用量を控えるなどして摂り過ぎには十分に気を付けたいものです。

だいたいのカロリーを知っておけば、外食時のメニュー選びの際にも低カロリーのドレッシングが使われたものにするなどダイエットにも役立つことでしょう。

・ノンオイルのものを選ぶ

健康志向の人が多いこともあり、ドレッシングの中にはノンオイルドレッシングも多数販売されています。そのカロリーは1食15gで20kcalと低カロリーですし、中には10kcal以下のものもあります。

うまくこれを利用して料理全般に使うことで摂取カロリーを低く抑えることもできます。

ただし気を付けていただきたいのが、ノンオイルだからといって安心してドバドバかけていると、脂質と塩分の過剰摂取につながるので危険です。しかも低カロリーですが0kcalではないということを忘れてはいけません。15g当たり5kcal未満のものもあれば20kcal以上のものもあるのです。かけ過ぎを防ぐためにも、栄養表示覧のチェックをお忘れなく!

 

【ダイエッターならば知っておきたい油を控える調理のコツは?】

ところでオイルといえば、調理に使う油の量も気になるところです。美味しい料理を食べるにはやはり油が必要ですし、使わないようにするのは結構難しいものです。

しかも油ものってつい食べたくなるんですよね!でも、やはり油は1gにつき9kcalとやはり高カロリーですから、摂り過ぎは控えたいものです。そこで、料理の際にちょっとした工夫をプラスすることで、油の量を抑えることが可能なのです。これからそのコツをお伝えします。

◇食材を大きめにカット

食材の表面積の大きさによって油の吸収量が違います。細かくなればなるほど表面積が大きくなり、それだけ油の吸収量がアップしてしまいます。そこで、油料理の際には材料の下ごしらえの時に大きめカットを心掛けましょう。

大きめにすることは他にもメリットがあります。まずは噛み応えが良くなり、それによって咀嚼回数が増えて満腹感が得られやすくなり、結果食べ過ぎを防げるのです。

◇計量スプーンで計る

皆さんは、毎日使っている油の量を把握していますか?容器からそのままフライパンに入れていませんか?「あっ、入れ過ぎた!」なんてことはありませんか?

きちんと適量を使って油の過剰摂取を防ぐために、軽量スプーンで計り入れることをおすすめします。1日の理想的な摂取量は大さじ1杯より少し多いくらいの15gです。1食ごとに小さじ1杯ずつを目安に使うようにしましょう。

◇テフロン加工のフライパンを使う

料理をしていて焦げ付きやすいフライパンを使うとどうしても油の量が多くなってしまいます。

油の量を減らすためにも焦げ付かないテフロン加工やフッ素加工タイプのものを使うようにしましょう。中にはお肉などの脂を利用して調理する油をひかなくても良いものもあります。

調理器具の選び方1つでも油の摂取量を調整できるのです。お手頃なものもたくさんありますから、検討してみてはいかがですか?

◇調理の仕方を工夫する

揚げ物や炒め物を控えて、できるだけ油を使わないような煮物や蒸し物メニューにするのはいかがでしょうか?

調理器の機能も電子レンジだけでなくグリル、オーブンを使うと、余分な脂を落とすことができますし、あえて鶏の唐揚げなどでも油を使わずに調理できる便利な調理機器も登場しています。

揚げ物の衣を薄くするだけでも油の吸収量が全然違います。調理法の工夫次第で油の摂取量を調整できるのです。

◇調理後に油をしっかり落とす

揚げ物をする場合、調理後の油切りをしっかり行うことで油の摂取量を減らすことができますし、美味しくいただく秘訣でもあります。

油の摂り過ぎを防ぐには、「バットに置く前に軽く油を振り落とすこと」と「可能であればバットに立てておく」ことです。他にも「重ね置きしない」や「よく油を吸収するキッチンペーパーを使う」なども有効でしょう。電子レンジ専用の油吸収シートや油がよく落ちるフライパン、揚げ物を回転させることで油を落とせるオイルカット調理器などもあります。とくに揚げ物になると油の摂取量がグンと上がりますから、余分な油を落とす工夫をするだけでずいぶん摂取量が違ってきます。

 

【油の種類をチェック!良い油も摂り過ぎるとかえって健康を害する!?】

油といってもさまざまなものがあります。トウモロコシの胚芽を原料とした“コーン油”、べに花の種子を原料とした“べに花油”、米ぬかが原料の“こめ油”などです。

最近では、ダイエットや美容、アンチエイジング、健康にも良いとされるココヤシから作られる“ココナッツオイル”なども良く知られています。

とくに皆さんのご家庭でも馴染みがあるのが“オリーブオイル”ではないでしょうか?主成分であるオレイン酸はLDLコレステロールを減らし、ダイエットにも有効とされています。

このように健康効果が高いとされる油も多いので、多く摂れば効果がUPしそうな感じもしますがそれは間違いです。健康効果が高いとされるものも過剰に摂取すると太る原因となり、健康まで害することがあるので覚えておきましょう。大切なのはそれぞれの油の特徴を知り、摂取量の目安を守ることです。

 

【食材自体の脂に要注意!】

意外に見落とされがちなのが、肉や魚などの食材自体に含まれている「脂(あぶら)」です。こちらもサラダ油などと同じように、摂り過ぎると肥満や病気のもとになってしまうので注意が必要です。

食材選びにも気を付けたいところですが、調理中に食材から出た脂を拭き取るようにするだけでもダイエット効果はアップしますし、健康維持のためにもなります。

関連記事

カテゴリー

人気の記事

  1. 「麹菌・麹酵素サプリメント」おすすめランキング
  2. 腸内細菌が作り出す腸内酵素がダイエットに効果的!分解・消化を助ける
  3. 正しいプチ断食のやり方「ファスティング」方法まとめ!痩せる効果抜群
  4. 痩せやすい酵素ってどれだろう?
  5. 酵素ダイエットの正しいやり方(知識編、認識編)

おすすめ記事

  1. 「食物繊維」が多い食材一覧!腸内環境改善、善玉菌を増やす「育菌」におすすめ!
    食物繊維は重要な栄養素 一昔前まで食物繊維は食べ物のカスとして認識されていましたが、現代では糖…
  2. コンビニやスーパーで買える「乳酸菌」を多く含んだ食品
    コンビニやスーパーで買える「乳酸菌」を多く含んだ食品 ダイエット、便秘解消、体質改善などの為に…
  3. 人間の体の免疫細胞の内、腸には6~7割が集中している
    人間の体の免疫細胞の内、腸には6~7割が集中している 免疫細胞は外部から取り入れた物が体にとっ…
  4. 炭水化物抜きダイエットや糖質制限の危険性(リスク)とは?
    炭水化物抜きダイエットや糖質制限の危険性(リスク)とは? 簡単に痩せられると炭水化物抜きダイエ…
  5. 「こうじ酵素」麹菌で痩せない原因・理由はここにある!
    麹菌はダイエットに有用 ダイエット目的や健康維持に善玉菌が良いと知り、そこから麹菌にたどり着い…
  6. 「酵素ダイエット比較」食べ物?ドリンク?サプリ?どれが1番良いのかを紹介
    「酵素ダイエット比較」食べ物?ドリンク?サプリ?どれが1番良いのか?まとめ 簡単に自宅で行える…
  7. 酵素ダイエットを成功させる秘訣は「食物繊維」にアリ!失敗した人は必見
    酵素ダイエットを成功させる秘訣は「食物繊維」にアリ!失敗した人は必見 酵素ダイエットの正しい方…
  8. 酵素ドリンクやサプリは効果なし!?痩せない?ダイエット前に知っておくべき真実
    酵素ドリンクやサプリは効果なし!?嘘?痩せない?ダイエット前に知っておくべき真実 酵素ダイエッ…
  9. 酵素不足=太りやすい体質になっていないかチェック!体内酵素足りている?
    酵素不足=太りやすい体質になっていないかチェック!体内酵素足りている? 健康を保つ為に欠かせな…
  10. 太りやすい人と太りにくい人、痩せやすい人と痩せにくい人の体質の差って何?
    太りやすい人と太りにくい人、痩せやすい人と痩せにくい人の体質の差って何? 両親が太っている、ま…

最近の投稿

ページ上部へ戻る